エコー観察とは?

mylabfive

エコー観察とは?

エコー観察とは「超音波画像観察装置(エコー)で、骨・靭帯・筋肉・腱などの病態を診る検査」です。
問診・視診・触診・徒手検査の後に、必要であればエコー観察を行います。

初診の際は症状を判断する精度を高めるため、エコーを使う事が多いです。
レントゲンには写らない靭帯・筋肉・腱・微小な骨折線や骨傷・軟骨などが診られます。

レントゲン検査と違い放射線を浴びることがないため、「安全で無害
人体に害がないというのは、非常に重要で「妊娠中の方」も心に負担を感じず検査が可能なのです。
(産婦人科で胎児の成長を確認しているものと同じあれですね)

さらに経過を観察する必要があるものは何度もエコー観察する必要があるため、被ばくは怖いという人へ大変好評です。

適用症状一例

  • 肉離れの損傷の程度や治癒の判断
  • 足首の捻挫をした際の靭帯断裂の有無の確認
  • 手首の腱鞘炎
  • 肩の腱板断裂や五十肩
  • 野球選手の肩や肘の投球障害
  • 突き指などでの骨折の有無の確認
  • 膝の水腫の有無の確認

上記はほんの一例になります。
これ以外にも様々な怪我に利用可能なので、気になる項目があればご質問ください。
一番需要が高いのは、「骨折・脱臼・捻挫・打撲・挫傷」などのスポーツ障害ですね。

また、当院ではエコーを使いつつ、検査・診察を行い治療方法の計画をたてています。
経過観察にて検査を行うことにより、以下のことも可能となっています。

  • ギブス固定を外す日を決定
  • 運動開始の時期を決定

もしさらに詳しい精密検査(レントゲン検査・CT・MRI検査)が知りたい。
という方はお申し出下さい。
当院がおススメできる提携病院をご紹介させて頂きます。
その後は、患者様のご希望により当院で治療する事も可能です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

更新日:

Copyright© しみず鍼灸整骨院 , 2017 All Rights Reserved.