未分類

指の痛み

更新日:

手の指の痛み

バネ指(弾発指)・・・腱鞘炎の一つ 好発部位は母指、次いで薬指に多い 中高年の女性に多く、手先をよく使う人に多い 症状として初期の頃は違和感程度しか感じないものが進行していくと弾発現象という指の屈伸時に引っかかりが出る

側副靭帯損傷・・・主に突き指をする事で発生 バレーやバスケをしている人に多い 所謂、指関節の捻挫 重症なほど機能障害や腫脹が著明 ストレステストによる側方動揺性があると靭帯を断裂している恐れもある

掌側板損傷・・・指関節の手掌側にある関節の安定性や動きの抑制をしている 突き指で損傷する事が多い バレーやバスケをしている人に多い 重症なほど機能障害や腫脹が著明 不完全な治療では関節の不安定性が後遺症として残る場合がある

CM関節炎及び変形・・・母指付け根の関節で指先を多く使ったり、力を入れる人に多い 症状として力を入れる、曲げ伸ばし、関節部を押すなどで痛みが出る 炎症が強い時は熱感もある 最初から変形するわけではないが繰り返し痛めていると変形してくるので使い方を考える必要がある

母指種子骨炎・・・母指付け根にある種子骨と呼ばれる骨で痛みが発生する 指の使い過ぎによる繰り返しの刺激で炎症を起こす

ヘバーデン結節・・・中高年の女性に多い 指の第一関節に発生する原因不明の変形 一説には指を多く使う人、遺伝性、ホルモンの影響と言われている 鑑別疾患としてリウマチがある

ブシャール結節・・・中高年の女性に多い 指の第二関節に発生する原因不明の変形 一説には指を多く使う人、遺伝性、ホルモンの影響と言われている 鑑別疾患としてリウマチがある

指の骨折&脱臼

指の骨折・・・指といっても末節骨、中節骨、基節骨の三つの骨で構成されている 基本的にスポーツでのケガが多く、過伸展か過屈曲が強制されて発生する それぞれでの治療法は異なり、ここで注意すべきはオーバーラッピング現象という後遺症を残さない事

指の脱臼・・・突き指をする事で指の関節が外れてしまう。バスケやバレーなどのスポーツで多く発生する。子供から高齢者まで幅広い年齢層で発生するが、成壮年が一番多い。

マレットフィンガー・・・バスケやバレー、野球等の球技中に突き指という形で発生が多い 日常生活においても突き指はありますので日常生活でも発生します 指の第一関節が手の平側に下垂してしまい、正しく治療しないと後遺症として第一関節が伸ばせなくなりますので注意

ベネット骨折(第一中手骨基底部骨折)・・・中手骨骨折の中でも有名な骨折で親指の付け根の骨折と脱臼を同時に起こしているものです 整復が難しく、整復した後の肢位を保持していくのも難しい

ボクサー骨折(中手骨頸部骨折)・・・この骨折は別名の通り、パンチなど拳を強打して発生することが多い 稀に手を挟んで発生することもある 正しい整復及び整復位保持をしないと機能障害を残す

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スポンサーリンク


スポンサーリンク


-未分類

Copyright© しみず鍼灸整骨院 , 2017 All Rights Reserved.