未分類

手関節から前腕の痛み

更新日:

 前腕~手関節の痛み

ドゥケルバン腱鞘炎・・・腱鞘炎の一つ 母指付け根にある長母指外転筋腱と短母指伸筋腱の狭窄性腱鞘炎である 手関節や母指の運動時に痛みを伴う 20~50代の女性に多いと言われているが、最近はスマートフォンの影響で若年層にも多い

手根管症候群・・・正中神経が手関節にある手根管と呼ばれるトンネル内で圧迫されて神経症状を発生させます 手首から指先(母指~中指)にかけてシビレが出る 特に夜中~明け方に多い 母指球(母指付け根の膨らんでる所)がやせてきます

手関節 ガングリオン・・・ガングリオンは中にゼリー状の物質が溜まった腫瘤 好発部位手関節の掌背側 手を多く使う人に多い 基本無症状だが神経や血管、腱の走行上に発生するとシビレや痛みを出す

尺骨亜脱臼症・・・手首には橈骨、尺骨と2種類の骨がありその2つの骨は靭帯により結合されていますがそこが緩くなり痛みが発生する 原因は手を衝いたり、手首の使い過ぎ等があるがまだ不明な点も多い 元々の関節の緩さも影響するかもしれません 症状は手首の回外(手首を上に見せる感じで開く)や背屈、手を衝くと痛みが出る

手関節から前腕周囲の骨折&脱臼

橈骨遠位端骨折(コーレス骨折)・・・全ての年齢層で発生するが、高齢者に多い 年代により、骨折型が色々ある 殆どが手を衝いて転倒した際に発生 典型的な形としてフォーク状変形や銃剣状変形を呈する

橈骨遠位端骨折(スミス骨折)・・・コーレス骨折と比べると発生頻度は少ない 手の甲を衝いて転倒した際に発生する 逆コーレス骨折と言われている事があり、変形の型がコーレスとは逆になり 鋤状変形と呼ばれている

前腕両骨骨折・・・前腕にある橈骨と尺骨の両方が折れる骨折です。発生頻度は少なく、手の平を突いた際に折れる。筋肉の影響で折れた位置によって、骨の転位(骨がずれる事)が変わってきます。

尺骨頭骨折・・・手首の小指側にある突起の骨折です。手を着いた際に発生する。発生頻度としては少ない骨折です。コーレス骨折の合併症で起こりやすい尺骨茎状突起骨折はまた別の骨折になります。

骨端線離開・・・幼少児に起こる手首の骨折 成人のコーレス骨折と同様の発生機序で骨折する 骨端線とは骨が成長する上でとても大事な物でしっかり治さないと成長障害となる恐れがあります

手根骨骨折・・・手には手根骨という物が全部で8個あります 特に臨床上発生頻度が多いのは舟状骨、次いで月状骨となり他の骨は稀である 手を衝いた時に発生する 特に舟状骨は壊死しやすいため、要注意である

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スポンサーリンク


スポンサーリンク


-未分類

Copyright© しみず鍼灸整骨院 , 2017 All Rights Reserved.