未分類

肘の痛み

投稿日:

肘関節周辺の痛み

野球肘 内側型・・・コッキング期~加速期にかけて、肘内側に繰り返しの強い外反力に対し、肘内側に付着する前腕屈筋群の強い収縮による引っ張りが肘内側に掛かり発生する 肘内側に圧痛、腫脹、肘関節伸展障害や投球時肘の痛みがある 使い過ぎや投球フォームの問題と原因は様々 名前に野球とあるが他のスポーツでも発生する

野球肘 外側型(離断性骨軟骨炎)・・・こちらは肘外側に起こる野球肘だが内側と比べ発生率は圧倒的に少ない 加速期~フォロースルー期にかけて肘に強い外反力が掛かり上腕骨小頭と橈骨頭間に強い圧迫力が掛かる事で発生 初期ではあまり痛くないが、関節遊離体が存在していると投球中突然痛みが出る事もある 重症化してくると肘の伸展制限著明になり、ope適応となり長期の投球禁止となる恐れがある

テニス肘(上腕骨外側上顆炎)・・・繰り返しの外力により肘外側に痛みが出る 主に使い過ぎや筋力不足が原因 初期では痛みも少なく、重症化してくると雑巾絞り、荷物を持つなど支障が出てくる 名前にテニスとあるが仕事などの使い過ぎでも発生する

上腕骨内側上顆炎・・・手首を使う、握る動作を繰り返しする事で、上腕骨内側上顆に付着している部分で、炎症が起こるものです。ゴルフをする方に多い事からゴルフ肘と呼ばれる事もある。

肘関節周辺の骨折&脱臼

上腕骨顆上骨折・・・幼少児に好発する骨折で臨床上問題が多く、治療の難しい骨折である 手を衝いて倒れて肘の激しい痛み、腫脹、運動障害があったらまず、この疾患を疑うべきである 肘の骨折で一番多い 伸展型と屈曲型に分類され幼少児は伸展型、屈曲型は高齢者に多い 肘関節後方脱臼との相違点に注意

上腕骨外顆骨折・・・幼少児に多く、顆上骨折に次いで多い 小児骨折の中で最も偽関節になりやすく変形治癒により外反肘になると遅発性尺骨神経麻痺を呈す 転位軽度だと捻挫と誤診しやすく初期治療で誤ると転位が増大し、整復不可でope適用になる

上腕骨内顆骨折・・・顆上、外顆骨折に次いで多い骨折である 少年期~思春期に多い 急激な外転が強制され前腕屈筋及び内側側副靭帯の牽引によって発生する 肘関節脱臼に合併して発生することが多い

橈骨頭骨折・・・成人に多い骨折 前腕回内位で手掌を衝いて転倒した時に、手掌から橈骨軸上に衝撃、それか橈骨頭が上腕骨小頭に衝突して発生する 前腕の回旋障害、屈伸障害、特に完全伸展時に激痛が出る 外反変形

橈骨頭頸部骨折・・・小児に多い骨折 前腕回内位で手掌を衝いて転倒した時に、手掌から橈骨軸上に衝撃、それか橈骨頭が上腕骨小頭に衝突して発生する 前腕の回旋障害、屈伸障害、特に完全伸展時に激痛が出る 外反変形

肘頭骨折・・・成人に多く、小児に少ない 肘関節を強打する場合と、肘関節を過伸展させられ肘頭が肘頭窩と衝突して発生する 上腕三頭筋の牽引力によって裂離する事もある骨折片の離開が1㎝以上ある場合はope適用となる

肘関節脱臼・・・橈骨と尺骨の同時脱臼が殆ど それぞれ単独脱臼は稀 後方、前方、側方、分散と分類され後方脱臼が殆ど 肘を伸ばしたまま手を衝いて倒れたり、後方から強打され肘が強制的に過伸展されて発生

肘内障・・・2~5歳の幼児、小学校低学年の子供特有の肘の脱臼で正確には肘にある輪状靭帯と呼ばれる靭帯の亜脱臼の事である 腕を急に引っ張ったり、手を衝いて倒れたりで発生する 肘の骨が成長するまである程度再発をする事が多い

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スポンサーリンク


スポンサーリンク


-未分類

Copyright© しみず鍼灸整骨院 , 2017 All Rights Reserved.