未分類

首の痛み

投稿日:

頸部の痛み

頸肩腕症候群・・・頸部、肩、腕の色々な所に痛み、だるさ、シビレ等の症状を発生させる疾患である 現代ではパソコン作業など同一姿勢が多い事で頸部や肩などの筋肉の緊張が原因とされている

頸部ヘルニア・・・頸部の骨は全部で7つあり、その間には椎間板というものがあります 何らかの原因で飛び出してしまう事をヘルニアという 飛び出したヘルニアが頚椎後方にある神経を圧迫する事で頸部や腕に神経症状を発生させる

頸部脊柱管狭窄症・・・脊柱には脊柱管という神経が通る場所がありますが脊柱管周りにある黄色靭帯と呼ばれる組織が変性し脊柱管を狭窄して頸部や腕~手先に神経症状を発生させる

胸郭出口症候群・・・頸部から腕神経叢という肩、肩甲骨、腕にかけての神経の束が出てきて、その神経が筋肉や骨等に圧迫されて肩、肩甲骨、腕にシビレや痛みを発生させる よく吊革につかまるなど腕を上に挙げる姿勢でいると症状が強くなる特徴がある

むち打ち症・・・正式名称は【頚椎捻挫】といいます。首が強制的に動かされる事で、頸部の筋肉や神経を痛めてしまう。よく交通事故による追突が原因で発生する。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スポンサーリンク


スポンサーリンク


-未分類

Copyright© しみず鍼灸整骨院 , 2017 All Rights Reserved.