/**/ /**/ /**/ /**/ /**/

未分類

腰部椎間板ヘルニアとは? 所沢 清瀬 しみず鍼灸整骨院

投稿日:

所沢と清瀬にある「しみず鍼灸整骨院」です。

皆様に腰部椎間板ヘルニアとはどういうものなのか、詳しく知って貰えたらと思います。

夜間、休日など緊急時は友達申請を行い、トークでご連絡ください。

LINE-友達追加所沢院 ホームページ・・・ https://shimizu-seikotsuin.com/

LINE-友達申請清瀬院 ホームページ・・・http://shimizu-seikotsuin.com/kiyose/

腰部椎間板ヘルニアはどんなものか?

 腰椎の間にある椎間板というクッションの中身である【髄核】と呼ばれる物が、何らかの原因により突出した状態を言います。突出した先に神経があり、神経痛などの様々な症状が出ます。

【ヘルニア】は【突出・脱出】という意味です。【腰部椎間板ヘルニア】=【腰にある椎間板が突出した】という意味になります。

20~40歳代の力仕事をやっている方に多い。男女差では男性の方が多い。

腰椎は全部で5つあるが、一番ヘルニアになりやすい部分は腰椎の4~5番目の間です。

原因

・重い物を持った事で腰を痛める・・・重い物を持った瞬間、椎間板内の髄核が神経側に出っ張ってきて神経を圧迫してしまいます。ぎっくり腰が起こる原因と一緒ですね。ぎっくり腰をしてしまいヘルニアを合併する・・・なんて話はよく聞きます。

・繰り返しの腰前後屈動作が多い・・・上記みたいに一撃で出っ張るのではなく、繰り返し刺激が入る事で徐々に進行していくパターンになります。

・腹筋や背筋の筋力低下・・・脊柱を支える腹筋、背筋が低下していると脊柱に掛かる負担は増えます。

症状

神経とは【筋肉を動かす】【触られる感覚】【温度を感じる】【痛みを感じる】等の役割があり、神経を痛めたりする事でこれらの役割に支障をきたす場合があります。一番ひどい症状で【麻痺】があります。

・痛みやシビレ・・・神経が圧迫させるとその支配域へ痛みやシビレが出ます。主に【座っている時】【腰を丸める】等で神経の圧迫が強くなり症状が出ます。反対に【立っている】【歩行時】等では神経の圧迫が弱くなり症状が緩和します。

・感覚鈍麻や筋力低下・・・神経が圧迫される事で、その神経の支配領域の感覚が鈍感になったり、筋肉が萎縮(弱くなる)する事もあります。

・膀胱&直腸障害・・・腰から出ている神経は、排尿や排便の機能に関係がある神経もあり、圧迫される事で意識と関係なく勝手に出てしまったりうまく出なくなってしまう事もあります。

シビレの出る範囲

 脊柱管狭窄症の記事にも載せましたが、腰から足に行く神経はいくつかあり、圧迫される神経によってシビレや痛みの出る場所が変わります。ここではいくつかの例を紹介します。

圧迫される場所 神経の種類 シビレの出る範囲
L3~4 (腰椎の3,4番の間) 大腿神経 大腿前面、膝前面付近、大腿内・外側
L4~5 (腰椎の4,5番の間) 坐骨神経 臀部外側、大腿外側、下腿外側・後面、足甲、足趾
L5~S1 (腰椎5番と仙骨1番の間) 坐骨神経 臀部中心部、大腿内側、下腿内側、足甲、足趾

L3~4の場合

L4~5の場合

L5~S1の場合

 ここで載せたのはあくまで典型的な例で患者によって脊髄の圧迫が複数個所の人もいます。そうなると上記のシビレの範囲が複合する事もあります。

鑑別診断

・SLRテスト・・・患者を仰向けに寝かせ、術者が患側の足を持ち、上に挙げていきます。

この時に足に痛みやシビレが出たら、陽性となります。

・ケンプテスト・・・患者は立位の状態で、術者が腰を少し反らして左に側屈させ、さらに回旋を加える。

 【腰部分に痛みが出たら、椎間関節の損傷】【同側の足に痛み、シビレが出たらヘルニアや狭窄症を疑います】

この時、反対側に痛みやシビレが出る事もありますが、その場合反対側のヘルニアや狭窄症を疑います。

これを右側も行う。

・膝蓋腱反射・・・患者を足が宙に浮くぐらいのイスに座らせる。

術者は検査器具を使い、患者の膝蓋腱を叩きます。健側と患側それぞれ行い、ヘルニアの疑いがあると健側より足の挙がりが弱くなります。

・足の母趾背屈力テスト・・・患者にそれぞれの母趾を背屈(母趾を上に挙げる)してもらいます。

術者は母趾に抵抗を加えます。健側と患側それぞれ行い、ヘルニアの疑いがあると健側より足の挙げる力が弱くなります。

脊柱管狭窄症との違い

・同じ腰の部分で起こる神経疾患には脊柱管狭窄症と言う物があります。二つの疾患では【下肢のシビレ・痛み】と言う所では共通していますが、微妙に症状や対策が違うので注意しましょう。

脊柱管狭窄症の記事はこちらをご覧ください。

腰の痛み!腰部脊柱管狭窄症とは? 所沢 清瀬 しみず鍼灸整骨院

※ヘルニアから狭窄症を併発してきたものは一概には言えませんが、狭窄症では間欠性跛行があるがヘルニアには無いのが一番の違いかもしれませんね。

※年齢はヘルニアでは20~40歳が多く、狭窄症では50歳以降に多いです。

※ヘルニアは腰を反らす・立っていると症状緩和、逆に曲げたり座っていると症状悪化

※狭窄症は腰を曲げる・座っていると症状緩和、逆に腰を反らす・立っていると症状悪化

と言う形で違いがあります。なので疾患を間違ってしまうと治療する事でかえって症状悪化に繋がります。

上記項目にヘルニアの鑑別診断、上記リンクに脊柱管狭窄症の鑑別診断がありますのでしっかり見極めましょう!

※この症状の出方は一般的なもので神経の圧迫の仕方によっては症状の出方が変わります。なので症状だけ聞いて断定しないように!

治療法

治療法は大きく分けて2つあります。

保存療法・・・牽引療法や鍼治療、手技療法を行います。程度によりますが痛みは徐々にとれるもののシビレがなかなかとれにくく、長期の治療になりやすい所ですね。なのでしっかりした説明&患者の理解と根気が必要になってくるでしょう。また、神経ブロックという治療もあるので痛みがとれない場合は色々な治療を試してみるのもおすすめです。

手術療法・・・手術をして神経を圧迫している髄核を取り除きます。デメリットは万が一神経を傷つけてしまうとかえって症状が悪化する恐れがあります。

 最近は手術より保存療法を選択される事が多いです。一昔前は【ヘルニア=手術】でしたが、現在は立っていられない、歩けないなどの重症な方や保存療法でなかなか改善しない方、本人の強い希望がないと行わないですね。

最後に

・この記事を読んで、自分が少しでも当てはまっていたら、すぐに徒手検査やMRI検査などをお勧めします。自分の状態を把握する事が大事で、自己判断で放置するよりは把握している分予防や対処もしやすいです。どんな怪我、病気でもそうですが早期発見がとても大事ですね。

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

当院の特徴

交通事故、むち打ち、スポーツ外傷、骨折、脱臼、打撲、捻挫、肉離れ、五十肩、肩の痛み、膝の痛みなど様々な症状に超音波(エコー)にて観察を行い、痛みの原因を突き止め根本から治すことを心がけています。

また、交通事故(むち打ち)などでは当院は弁護士と提携を結び法律の側面からも患者さんをバックアップする試みを行っております。どんな些細な痛みでもお声掛けください。

所沢にあるしみず鍼灸整骨院

ホームページ・・・ https://shimizu-seikotsuin.com/

住所・・・埼玉県所沢市寿町15-4

TEL・・・04-2968-6665

LINE-友達申請(所沢院 清水豊治)

清瀬にあるしみず鍼灸整骨院

ホームページ・・・http://shimizu-seikotsuin.com/kiyose/

住所・・・東京都清瀬市松山1-13-25山合清瀬ビル1-A

TEL・・・042-497-1564

LINE-友達申請(清瀬院 山崎光佑)

Line・・・夜間、休日など緊急時は友達申請を行いトークでご連絡ください。できる限り対応したいと思います。問題解決後こちらから連絡することはありませんのでご安心ください。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

-未分類

Copyright© しみず鍼灸整骨院 , 2019 All Rights Reserved.