未分類

肩の痛み

投稿日:

肩関節の痛み

五十肩・・・40~60代に多く、肩関節の可動域制限や夜間痛が発生する 肩周囲疾患の総称として使われている事が多いが、今は超音波画像検査により原因部位を把握することが出来る

棘上筋損傷&断裂・・・肩関節回旋腱板の一つで一番損傷しやすい 年齢層は幅広い 若年層はスポーツによる損傷、中高年は仕事や生活動作における繰り返しの刺激による損傷 肩を直接衝いて損傷する事も 症状にもよりますが、肩関節の可動制限あり、特に挙上動作や外転動作に影響する

棘下筋損傷・・・肩関節回旋腱板の一つ 主に肩関節を外転、外旋すると痛みが発生 程度により可動域制限も出る 他の回旋腱板損傷と複合して発生する事が多い 筋力低下や酷使をする事で損傷する

小円筋損傷・・・肩関節回旋腱板の一つ 主に肩関節を外転、外旋すると痛みが発生 程度により可動域制限も出る 他の回旋腱板損傷と複合して発生する事が多い 筋力低下や酷使をする事で損傷する

肩甲下筋損傷・・・肩関節回旋腱板の一つ 主に肩関節を水平屈曲した時に肩内側に痛みが発生 程度により可動域制限も出る 他の回旋腱板損傷と複合して発生する事が多い 筋力低下や酷使をする事で損傷する

上腕二頭筋長頭腱損傷&断裂・・・上腕二頭筋長頭腱は上腕骨の結節間溝を通り、前腕部に付着しますが結節間溝という狭い溝を通っている事で繰り返しの刺激で腱や周りにある滑液包が炎症を起こす 仕事やスポーツで多く使う人に多いが40歳代を超えてくると腱自体に変性を生じるので発生頻度は高くなります

肩峰下滑液包炎・・・肩関節上部に肩峰という骨があり、その下を棘上筋が通る その棘上筋が摩擦で損傷しないよう滑液包と言われる緩衝材がある 棘上筋の酷使などが原因で滑液包に負担が掛かり炎症を起こす

野球肩・・・10~15歳の少年野球の投手によく見られる 上腕骨近位の骨端成長軟骨の炎症や繰り返しの投球動作による刺激で上腕骨骨端離開(疲労骨折)である 主に投球動作にて痛みが出るが、場所は前面や側面や後面と一定しない

ルーズショルダー・・・特に外傷が影響しているわけではなく、骨や筋肉にも異常が見られないのに肩関節に動揺性を認める不安定性の事をルーズショルダーという 若年者や女性に多い 症状が曖昧で肩に違和感を感じる、肩が重い、肩がだるいなど様々

石灰沈着性腱炎・・・石灰沈着性関節周囲炎と言われ、関節周囲の腱や滑液包にアパタイト結晶と呼ばれるものが沈着し、炎症を起こす 40~60代の女性に多い 突然の激しい痛みで発症する 夜間痛がひどく眠れないという事もある

SRAP損傷・・・肩関節にある関節唇という関節窩と関節包をつなぐ繊維性軟骨である 投球動作の繰り返し刺激で関節唇上方(上腕二頭筋長頭腱付着部)の剥離、断裂である 投球時のコッキング期~リリース期に痛みが発生

ベンネット骨棘・・・投球障害の一つで肩関節窩後下方の骨棘形成のことを言う 上腕三頭筋長頭起始部や関節窩後方縁部に出来る 投球による上腕三頭筋長頭や後方関節包に繰り返しの牽引力がかかり発生 投球のコッキング期やフォロースルー期に肩後方に痛みを訴える 肩関節外転、外旋強制でも痛みが出る

ヒルサック損傷(上腕骨骨頭骨折)・・・外傷性肩関節脱臼に合併して発生する その時に上腕骨頭と関節窩が衝突する事で損傷 損傷部は陥没して関節の安定性が低下し反復性脱臼に移行する

バンカート病変・・・肩関節脱臼により、肩関節窩周りにある関節唇を損傷、もしくは関節窩前下縁の骨片が転位し関節窩縁の欠損する事で、反復性脱臼に移行する 肩関節外転、外旋強制で脱臼しやすい

肩鎖靭帯損傷&断裂・・・柔道やラグビー、サッカーなどのコンタクトスポーツに多く見られ、肩を強く打つ事で発生する。肩鎖関節は鎖骨を触り、鎖骨の一番外側にある関節です。

肩関節周囲の骨折と脱臼

鎖骨骨折・・・子供から大人と幅広い年齢層で発生 子供は機能、外見と予後良好だが頭部損傷に注意 大人は転位が高度で整復しても再転位しやすいので固定肢位を保持するのが大変 外見上に問題が残ることもあるので特に女性は注意

外科頚骨折・・・高齢者の方がなりやすい骨折 転倒時に手や肘を衝いて負傷 患部に限局性圧痛や腫脹あり 皮下出血は上腕内側~前胸部に出現する 機能障害は著明だが、噛合している場合少し動かせられる事もある

大結節骨折・・・肩を衝いて折れたり、付着筋による牽引力で裂離する折れ方がある 転位が少なければ三角巾等で吊るだけでいいが転位が著しい場合は肩関節外転、外旋位固定が必要 肩関節前方脱臼に合併する事が多い

上腕骨骨折・・・肩に近い近位部、中央部、肘に近い遠位部(遠位部は肘関節の所に載せてあります)と折れる箇所により整復法や予後が違い、近位部は比較的予後良好だが、中央部は固定肢位を保つのが困難な為予後が悪い

肩関節脱臼・・・成人に多く子供では稀 脱臼型や治療過程により反復性脱臼に移行する恐れがあります 前方、後方、上方、下方と分類され前方脱臼が圧倒的に多い 脱臼肢位も脱臼型により様々

肩鎖関節脱臼・・・上方、下方、後方と分類されるが殆ど上方脱臼になる 10代後半~30代に好発する 男子に多く交通事故やスポーツ外傷で発生する 程度により第1~3度に分かれる

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スポンサーリンク


スポンサーリンク


-未分類

Copyright© しみず鍼灸整骨院 , 2017 All Rights Reserved.