/**/ /**/ /**/ /**/ /**/

未分類

腓骨下端部骨折(外くるぶし骨折)について詳しく解説 所沢 清瀬 しみず鍼灸整骨院 

投稿日:

所沢と清瀬にある「しみず鍼灸整骨院」です。

皆様に腓骨下端部骨折とはどういうものなのか、詳しく知って貰えたらと思います。

夜間、休日など緊急時は友達申請を行い、トークでご連絡ください。

LINE-友達追加所沢院 ホームページ・・・ https://shimizu-seikotsuin.com/

LINE-友達申請清瀬院 ホームページ・・・http://shimizu-seikotsuin.com/kiyose/

腓骨下端部骨折とは?

下腿には骨が2本あり、それぞれ脛骨、腓骨と言います。脛骨は体重を支えるのに対して腓骨には体重を支える構造は少ししかありません。

腓骨下端部はちょうど外くるぶしの所が折れたものを言います。この骨折はよく見かけます。特に靭帯の付着部など骨が少し欠けた程度の骨折は見逃されやすく、後遺症も出なかったりするので本人も気づかず、過去にケガをしたものが後から見つかることも多いです。

後遺症が出た場合は、欠けた骨が関節を動かしたときに痛みを引き起こすことがあります。関節ネズミと言いメジャーリーガーの大谷選手が関節ネズミを取る手術をしていますね。

普通に折れてしまった場合のものはレントゲンやエコーを行えばすぐに判断が可能です。

また、折れる場所によっては手術をしないといけない場合があります。今回は保存療法を行った2症例も書いているのでご覧ください。

原因

足首を内返しに捻って発生します。稀に直接硬い物をぶつけてしまって骨折するなんてこともあります。

症状

主な症状はこうなっています

患部の腫脹・・・骨折することで出血をしますので時間が経つにつれどんどん腫れてきます。色も青紫色になってきます。

歩行時痛・・・痛みによって足を着くのがかなり制限されてきます。ただ体重は大部分が脛骨にかかるため骨折をしても歩いて来院する方も多くいます。

靭帯断裂・・・骨が折れるほどの力が働くのでその周囲の靭帯が損傷もしくは断裂してしまいます。この場合で損傷しやすいのは前距腓靭帯、前脛腓靭帯、踵腓靭帯等です。靭帯の走行部分を押すと損傷していれば痛みがありますが、エコー検査にて損傷具合を把握することもできます。前距腓靭帯は足関節の安定性を保つ機能がありますが、損傷したことで足関節の動揺性が見られます。

詳しくは足関節捻挫の記事をご覧ください。https://shimizu-seikotsuin.com/ankle/

治療法

まずは固定を行います。骨折の程度にもりますが、当院ではU字の固定を作りそれを包帯で巻いて固定します。

この固定は取り外しができて定期的にエコー観察をし骨折部の経過を確認します。

5~6週間は固定をしてもらい骨がくっつくのを待ちます。

固定除去後は包帯固定、ソフラウルファーを施し簡単なリハビリを始めていきます。

リハビリでは主に足関節の可動域訓練や片足立ちのバランス訓練など、固定をしていたことで落ちてしまった能力を回復させていきます。

さらにしゃがみ動作、短い距離の歩行訓練、階段や坂道の訓練、人によってはランニングやダッシュ等の生活面で必要な運動もしていきます。

症例

症例1 10歳 男性

友達を遊んでいて転んだ時に左足首を捻ってけがをして来院しました。

足首は痛くて歩いたり、動かしたりができないそうです。

こちらで状態を確認してみると腓骨下端部と前距腓靭帯部に圧痛があり、患部はびまん的に腫れていました。

エコー検査にて確認してみると

②長軸

 

③短軸

 

腓骨下端部を撮った画像ですが、骨折の疑いがある画像が出ました。

大人と違い子供の場合、出血が軽度なことが多いです。

③長軸の動画

④短軸の動画

4週間は固定をしてもらい、運動も一切禁止にして安静にさせました。

この固定は足をついても問題ないですが、足を着くのが痛くてダメみたいなので最初は松葉杖で歩いてもらいました。

⑤1ヶ月後 長軸

⑥1ヶ月後 短軸

⑦動画 長軸

4週間が経ち固定が取れたので徐々にリハビリを始めました。この時、固定具は取れましたが包帯は巻いています。

リハビリは足関節の可動域訓練、片足立ちバランスなどから始め、状態を見てダッシュや野球などをやってもらいました。

6週間後には痛みもなく問題なく動けたので治療を終了しました。

半年後に違う怪我で来院した際、以前の骨折部分を取らせてもらいました。

⑧半年後 長軸

⑨動画 長軸

もうほとんど骨折部分には問題ありません。痛みがとれて完治するのと骨折部分が完全に治るのには時差があるのがわかります。

症例2 60代 女性

道を歩いていてた際に転んで足首を捻り怪我をしたので来院しました。

外くるぶしがわからないほど腫れて、足を引きずりながら歩いて来院してきました。

足を内側に捻ったり、関節を動かす動作全般に痛みを伴い、腓骨部分を押すとかなり痛がりました。

エコー検査をした所

①初診時

骨にV字状の亀裂が入って骨折の疑いがありますね。

こちらも固定をして5週間は安静にしてもらいました。

②一か月後

これは一か月経った画像ですが骨もずれてなく順調に回復していますね。

固定はもう一週間してもらいました。

③2か月後

画像は2ヶ月経ったものですがほとんど骨がくっついていますね。

6週目からはリハビリも始めて徐々に機能回復を目指していきます。リハビリ内容は症例1の方と同じですね。

9週間後には痛みもなく生活面でも問題ないので治療を終了しました。

最後に

最初にも言いましたがこの骨折はよく見かけます。さらに発生原因からただの足首の捻挫と言われてしまう方もいます。実際にエコーでは骨折の疑いがあり、対診を行いレントゲンではわからなかったがCTをとって折れているのがわかるなんてことがたたあります。エコーでは患部を拡大してみることができ小さな骨折も発見することが可能になります。

足を捻りなかなか治らない場合にはエコーにて観察することをおすすめします。どんな些細なことでも気軽にご相談ください。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

当院の特徴

交通事故、むち打ち、スポーツ外傷、骨折、脱臼、打撲、捻挫、肉離れ、五十肩、肩の痛み、膝の痛みなど様々な症状に超音波(エコー)にて観察を行い、痛みの原因を突き止め根本から治すことを心がけています。

また、交通事故(むち打ち)などでは当院は弁護士と提携を結び法律の側面からも患者さんをバックアップする試みを行っております。どんな些細な痛みでもお声掛けください。

所沢にあるしみず鍼灸整骨院

ホームページ・・・ https://shimizu-seikotsuin.com/

住所・・・埼玉県所沢市寿町15-4

TEL・・・04-2968-6665

LINE-友達申請(所沢院 清水豊治)

清瀬にあるしみず鍼灸整骨院

ホームページ・・・http://shimizu-seikotsuin.com/kiyose/

住所・・・東京都清瀬市松山1-13-25山合清瀬ビル1-A

TEL・・・042-497-1564

LINE-友達申請(清瀬院 山崎光佑)

Line・・・夜間、休日など緊急時は友達申請を行いトークでご連絡ください。できる限り対応したいと思います。問題解決後こちらから連絡することはありませんのでご安心ください。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

-未分類

Copyright© しみず鍼灸整骨院 , 2019 All Rights Reserved.