治療の流れ

諸注意があります

初診時には「保険証」が必ず必要になります。
大変お手数だとは思いますが、ご持参をよろしくお願いします。

保険証の見本画像は以下になります。

▼けんぽ協会の保険証例(出典:全国健保協会)

▼国民健康証(出典:勝浦市)

国保-勝浦市

来院の靴について

来院の際には、スリッパをご用意しております。
足の調子が良くない方もいらっしゃると思いますので、そのまま靴でお進み頂いても結構です

窓口で受付

flow1

初診の場合、入口受付にて問診票をお渡しします。
内容に沿ってご記入ください。

flow2

書き方が良くわからない。
そんな場合は、ぜひスタッフにお声がけください。

  • 痛いところはどこ?
  • どういう状況で痛みが発生?
  • 痛みはいつ頃から?

こういった内容について詳しくその場で、ご記入の手順を説明させて頂きます。

問診および徒手検査(としゅけんさ)

徒手検査とは、痛みの部位を「動かす・延ばす・叩く」などして正確な患部場所を特定する方法です。
実は、整形外科的な検査法では世界共通の手法です。

このような光景をよく見られると思いますが、患部の特定をしています。

しみず
背中の痛み位置を探っています。
flow5

しみず
足の動かし方、動かす方向で変化があるかをチェック
flow3

エコー観察による患部の確認

当院ではより正確な患部確認を目的にエコー観察を行っています。

flow4

普段はあまり目にすることがない、「エコー機器」で実際自分の筋肉や骨の状態がどうなっているか?

これを一緒に確認することによって、「情報の共有を図り」一緒に施術を進めていきます。
また患部の状態により今後の施術方針は大きく変わるため、「より詳しく」「より患者さんの納得」を第一に丁寧に説明をさせて頂きます。

施術

部屋の様子

ベッドへ移動して頂き「電気療法・手技療法・はり治療」の3パターンをメインに行っていきます。
痛みの強い初日に過度な施術を行うと、逆効果になるケースもあります。
ですので、施術の際は特にお声がけ(痛みはどうですか?など)をさせて頂きます。

痛みが強いときは

我慢なさらず、すぐ言ってください。

電気療法中でも「強さを変えて!」とすぐ言って下さいね。

時折、施術中に邪魔しちゃわるいから・・・。
そう推し量ってくださる方がいますが、この場で患者さんの健康を良い方向へ進めるのが私たちの仕事です。
ありがたい気持ちですが、我慢は「決して」しないでくださいね!

今後のアドバイス

当日の内容を振り返って、ご説明いたします。
必要があれば当日テーピングもすることもありますので、ご了解ください。

テーピング
また、引き続き治療が必要な場合も来院のタイミング・目途などをお伝えします。
もし「分からないこと・気になったこと」があれば、どんなことでもおっしゃってください。

コミュニケーションを取ることで得られる情報も、大事な治療の一環と考えていますからね。

お会計と雑談

最後にお会計をお済ませ頂き終了となります。

私たちも初日から患者さんの生活の背景すべてを知ることはできません。
それははっきり申し上げたいと思っています。
ですが、「初回・2回目・3回目」とお話しし、生活環境の把握をすることで大きく治療が前進すると考えています。

その為の雑談は、かなり重要な要素です。
来院して頂いたご縁もあります。
今後一緒に痛みを取って、よりよい生活をお過ごしできるサポートをしたい。
そう思っていますので、どうぞよろしくお願いします。

参考 料金表を見てみる

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

更新日:

Copyright© しみず鍼灸整骨院 , 2017 All Rights Reserved.