肩鎖関節脱臼

2021年12月3日

肩鎖靭帯損傷&肩鎖関節脱臼とは?

肩鎖関節とは、肩甲骨にある肩峰と鎖骨が構成しており連結しているバンドを肩鎖靭帯と言います。

前面と後面からの画像になります。

肩鎖靭帯損傷は3段階の状態に分けられます。

  • Ⅰ度損傷・・・肩鎖靭帯の損傷のみ
  • Ⅱ度損傷・・・肩鎖靭帯の断裂+鎖骨が浮き上がる
  • Ⅲ度損傷・・・肩鎖靭帯の断裂+烏口鎖骨靭帯の断裂

【脱臼とは関節を構成している骨同士の関節面の位置関係がずれている状態の事】を言います。

Ⅱ度損傷を見ると「鎖骨が浮き上がる」とあり、鎖骨と肩峰の関節面がずれる事になります。

名前として、【肩鎖靭帯損傷】とありますが、靭帯損傷と言うよりは、脱臼に分類されます。

年齢別で言うと比較的若い方に多いですね。

原因

手を突いて負傷する場合と直接肩をぶつけて負傷する2つのパターンがあります。

スポーツではラグビー、サッカー、柔道などコンタクトスポーツに多く見られます。

症状

肩関節の動作制限・・・肩鎖関節が脱臼していることで激痛も伴い、肩を動かすことができなくなります。

ピアノキー症状・・・浮き上がった鎖骨を上から押しこむと沈み、手を離すとまた浮き上がってきます。これは脱臼によって肩鎖靭帯が断裂して、関節を抑えるストッパーがないことで起こる症状です。

治療法

鎖骨を上から圧迫して固定をし上肢の重さを軽減させる目的で三角巾にて吊り上げます。

こうする事で肩峰と鎖骨を近づけて、正しい位置で治るよう促します。

しかし、この関節は安定性が悪いので、固定してても多少ずれてしまい、そのまま治る事もあります。

なるべく動かさないようにして安静にすることが大事です。そうする事で脱臼した際に損傷した関節周りの組織を治していきます。

脱臼は一度治せば大丈夫と思われがちですが、そんな事はありません。①【脱臼した骨を治す】+②【損傷した関節周りの組織の修復】の両方をしっかり行います。②をしっかり行わないと、反復性脱臼※になってしまいます。

※反復性脱臼・・・ケガが原因で関節が緩くなり、少しの力で脱臼する可能性があります。

症例

症例1 50代 女性

バイクで走行中、転倒しそうになったところ左肩を壁に強打して負傷しました。

肩に激痛があり、腕を上げることができませんでした。

こちらが調べてみると、肩鎖関節の所に圧痛を認めました。

エコー画像がこちら

画像を見てもらうとわかりますが、骨の位置が変わってしまってます。これは肩鎖関節を映したものなのですが、脱臼しています。

動画 患側https://www.youtube.com/embed/MRTj3rPk72k?feature=oembed

動画 健側https://www.youtube.com/embed/VUVXNeps79o?feature=oembed

動画を見ると健側は動くことがないですが、患側は骨が動いています。これがピアノキー症状と呼ばれるものです。

対診を行い左肩鎖関節脱臼の診断を頂きました。

まず、アイシング、低周波治療、3週間の圧迫枕子+包帯固定をして、バストバンドで更に固定し三角巾で腕を吊り安静にしてもらいました。

痛みの緩和とピアノキー症状がなくなったのを確認してから固定が取れリハビリを開始。肘と肩の自動運動を行います。

ある程度可動域が出てきた所で、少しずつ抵抗運動も始めました。

肩鎖関節の位置関係は殆ど健側と変わらない状態になり、全部で8週間経った所で肘も肩も痛みなく動かすことができたので、治療を終了しました。

症例2 20代 男性

ゴルフのプレー中に足が滑り肩から転倒し負傷。

初診時、腫脹、熱感著しく圧痛、運動時痛を訴え、鎖骨外端部が上方に上がり階段状に盛り上がっているのがわかる。

持ち上がった鎖骨外端部を下方に押すとまた元の上方に戻るピアノキー症状を認めました。

右の画像が一番わかりやすいと思います。鎖骨の位置が違いますね。これは肩鎖関節が脱臼している状態です。

エコー画像はこちら

エコー画像でも健側と患側を比較すると肩鎖靭帯が断裂し鎖骨外端部が上方に変位しているのがわかる。

動画はこちら

③ピアノキーの動画https://www.youtube.com/embed/uGG6TuTKB-w?feature=oembed

症例1と同様に鎖骨外端部を下方に押すと正常な位置に戻るものの圧を解除するとすぐに脱臼肢位に戻るピアノキー症状があるのがわかる。

固定するにあたりいかにこの正常な位置を保持するかが大事になります。

④健側前方から後方動画https://www.youtube.com/embed/Clv8KP61CzA?feature=oembed

正常な肩鎖関節を前方から後方に動かした動画になります。

⑤患側前方から後方動画https://www.youtube.com/embed/vtmjP4J1FdQ?feature=oembed

患側では画像同様に鎖骨外端部と肩峰の間隔が開いており鎖骨外端部が上方に上がっているのがわかる。

症例1と同じ固定をしました。当院では保存療法の良さ悪さ、手術の良さ悪さを必ず説明し患者さんに決めてもらいます。

一般的な肩鎖関節脱臼であれば私個人的な見解では保存療法でも十分な見た目上の位置関係+治療効果を出せると思っています。ただ見た目上のことを考えると手術の方がより完璧に近い位置関係にすることが可能だと思います。

今回は若い男性だったので手術を希望した為、手術をできる病院を紹介しました。

後日無事に手術が終わったとの連絡を頂きました。

最後に

肩鎖関節脱臼はしっかりした位置関係で固定を行わないと鎖骨が浮き上がってしまった状態で治ってしまいます。治ってしまったら手術をしない限りは一生そのままになり、正面から見たときにすぐわかります。肩鎖関節脱臼は整復したら終わり。ではなく整復位の保持をしっかり管理し、機能も見た目もしっかり治すことを念頭において治療を進めていきます。当院ではエコーにて観察を行いしっかりと状態を把握しながら治療を行いますので肩鎖関節脱臼でお困りの際には気軽にご連絡ください。