いろは

野球肘の原因・予備知識・対処法 所沢 しみず鍼灸整骨院

更新日:

所沢の寿町にあるしみず鍼灸整骨院です。

皆様に野球肘でも色々な原因、症状、エコー画像などがあると言う事を記事を通してお伝えできればと思います。

夜間、休日など緊急時は友達申請を行いトークでご連絡ください。

LINE-友達追加

 

野球の道具

スポンサーリンク

目次

野球肘の痛みについて「まるごと大解説!」野球少年に起きる様々な肘・肩の苦痛

野球をしている少年。
特に「小学生・中学生」に見られる症状で「肘が痛い・肩が痛い」と感じる「野球肘」というものがあります。

軽度の場合も含め早期に対処をすべきであり、ほっておくと完治まで長い長い時間がかかるケースもみられるので、親御さんも含め十分にご注意ください。

早期の対応を逃して、のちのち悪化したケースで特に多いのは、

  • 子供が「痛い」と言っているけど、強い痛みじゃないからほっておいた(様子を見ていた)
  • 子供が「痛い」と言うのを我慢していて気付かなかった
  • 少しほぐしたら「痛みが消えた」ので整骨院へ行くのをやめていた

といったものがあります。
今日はどんなタイプの人が「野球肘」になったりするのか、その原因、対処法など含めお話ししたいと思います。

また、症状・症例については別記事を書いていますので、ご参考ください。

本記事途中に、高校野球での生々しいデータがありますので、野球をやっている方は、それだけでも確認してみてください。

高校野球での圧倒的オーバーユースな投球数の実態

野球肘になる原因

野球肘になってしまう原因は様々です。

  • 一日の練習時間が長かった
  • 毎日練習をし過ぎた
  • 投球数が多かった
  • 投球フォームが安定しないのに負担をかける投げ方をしていた

などいくつもあります。
また、痛みの程度・大小も様々で、「投球時のみの痛み」から「日常生活に支障がある程」だったり。

とにかく勧めているのは

悪化していく前に適切な処置をし、しっかり治してスポーツを楽しみましょう

という心構えです。
楽しむためのスポーツが自分の悩みになっていたら悲しいですから。

野球肘の分類

野球肘の種類・分類は3つありますので、まずそこから。

  1. 内側型(内側上顆・前腕回内屈筋群・内側側副靭帯・尺骨神経)
  2. 外側型(上腕骨小頭・橈骨頭)
  3. 後方型(肘頭)

野球肘の「内側型」タイプ

発生頻度で最も多いものは内側型です。
その中でも内側型の内側上顆剥離で、少年野球の20%罹患(りかん)していると言われています。

少し専門的なことですが、内側側は「内側上顆骨端線離・内側上顆裂離(内側上顆下端剥離骨折)・内側上顆下端などの分節化」も含まれています。

内側上顆には屈筋群・回内筋群・内側側副靭帯が付着していますので、その流れを説明しますね。

発症のメカニズム
  1. 投球時に過度の外反ストレスが繰り返される
  2. 内側上顆に牽引力が働き、上記の障害が発症
  3. これらの障害は「骨・軟骨が未成熟な少年期」に目立つ
  4. 骨の成長が終わったあとの高校生以上は「骨よりも靱帯組織の方が相対的に弱くなる」ので内側側副靱帯の損傷が起こる

野球肘の「外側型」タイプ

外側型の上腕骨小頭離断性骨軟骨炎は、少年野球をやっている子供達の約2%に発症すると言われています。
内側型野球肘に比べて頻度は低いですね。

ただ、治療が遅れると手術が必要になることもあるので注意。
放置した場合、将来の変形性肘関節症につながる可能性あるので、これも要注意です。

発症のメカニズム

これも内側型と同様ですね。
繰り返す過度の外反ストレスによって、上腕骨小頭に圧迫力と剪断力が加わり、軟骨下骨髄の壊死が進行し、二次的に関節軟骨に「亀裂・変性」が発生する
と言われています。

野球肘の「後方型」タイプ

後方型はまれですので、メカニズムのみを説明します。

発症のメカニズム

ボールをリリースする加速期では外反ストレス、フォロースルー期では肘関節伸展強制。
更に、上腕骨と尺骨の肘頭が互いにぶつかりあい骨棘を形成してしまいます
また、上腕三頭筋の牽引により付着部で炎症を起こしたり、疲労骨折にまでいたる場合があります。

野球少年のミットへ

野球肘を理解するために「簡単な肘」の構造のお話し

肘の構造と「野球肘」は密接な関係にありますので、現在ちょっと痛いかな?
と思っている方は少しじっくり見てください。

まずは肘の関節部分の全体像をさらっと。
詳しくは続いて説明しますので、「ふーん、こんな感じなんだー」
ってみてもらうといいです。

ひじ関節の構造

ひじ関節の説明

肘関節は「上腕骨・橈骨・尺骨」の3本の骨から構成されていて、関節可動域は屈曲・伸展・回内・回外です。(下図)

ひじ関節の構造1

肘靭帯の説明

骨と骨をつなぎあわせる「靭帯」があり、「内側の内側側副靭帯・外側の外側側副靭帯・関節包」が脱臼しないように関節を安定させています。(下図)

ひじ関節の構造2

出典:摩季れい子の野球PNFトレーニング

成長期の子供の骨について

成長期の子供の骨は、軟骨によって覆われています。
そして成長していくうちに軟骨が硬い骨になっていきます。

筋肉は骨から骨へと付着していますが、筋肉が直接骨に付着するわけではありません。
関節の中を太い筋肉が通過すると曲げ伸ばしの邪魔になってしまうため、関節をまたぐところや付着部付近では、筋肉は「」となり骨に付着しています。

筋肉部分と成長期の子供の軟骨

上腕骨内側上顆には手首・指を曲げる筋肉、前腕を捻る筋肉が付着しています。

肘の回外の手首の背屈に働く筋群

出典:摩季れい子の野球PNFトレーニング

成長した骨であれば、硬い骨の部分に筋肉が付着しますが、子供の場合は軟骨に筋肉が付着しています。
筋肉をたくさん使用すると、軟らかい脆弱な軟骨部に多くの刺激が加わってしまい、軟骨を傷つけてしまい剥離することになります。

でも心配はしないでください。
靭帯・軟骨に異常なく、筋肉の使い過ぎ(オーバーユース)による筋肉の炎症であれば予防後は良好ですので。

仮に靭帯や軟骨を傷つけたり剥離してしまうと、肘の曲げ伸ばしに制限がでます。
その際、成長した時に骨が変形してしまい予後不良となる場合もあります。

原因は「柔らかい軟骨部分への過度な刺激」になりますので、様々な場面で起こりうる。
と考えてください。

専門的知識を持っていないと「野球肘」への予防が不足する可能性あり

小・中学生で投球数が多くなってしまうことは仕方ありません。
子供たちの熱気たるや凄まじいものがありますからね。

ストレッチ不足(ウォームアップ、クールダウン)、負担のかかる投球フォーム。
これらは、子供達が解決できる問題ではありません。
ある程度、専門的な知識を持ちつつ対処すべき事案です。

だったらプロの世界のように、トレーナーの指導のもと練習できるか?
そんなのは普通の環境では無理ですよね?

忘れてはいけない事は、いつの時点でも子供たちへのリスクは伴うということ。

もし大規模な野球チームで専門家も含んだ環境なら発症は相当減るでしょうね。
ただ、ゼロになるとは言えません。

プロの投手であっても、「松坂大輔・田中将大」両投手のように肘を痛めて手術する事がありましたから。
このように、「プロの環境であっても」起きるという症状なんですね。

野球少年のトレーナーで投球フォームの指導をできるとなると、専門知識があるセミプロレベルでないと難しいと思います。
だからこそ、子供の過剰なトレーニングには目を光らせるべきなのです。

じゃぁ何からやるか?何をすればいいか?

答えは「練習内容・練習時間」です。

メジャーリーガー

スポンサーリンク

アメリカMLB(メジャーリーグベースボール)が公式に出している休養期間を紹介

これはMLBが公式に発表した成長期における投球数と投球数に応じた休養期間。

年齢 投球数 必要な休養期間
 1日の上限 0日 1日 2日 3日 4日
7-8 50 1-20 21-35 36-50 ----- -----
9-10 75 1-20 21-35 36-50 51-65 66+
11-12 85 1-20 21-35 36-50 51-65 66+
13-14 95 1-20 21-35 36-50 51-65 66+
15-16 95 1-30 31-45 46-60 61-75 76+
17-18 105 1-30 31-45 46-60 61-75 76+
19-22 120 1-30 31-45 46-60 61-75 76+

参考:MLB公式ガイドライン

ご覧のように、18歳でも1日の上限は105球とされています。

小中学生の試合で1試合、1日の練習で球数制限されているでしょうか?
高校野球の聖地『甲子園』で投げている投手が105球に制限されているでしょうか?

真新しい記憶では、2014年夏の全国高校軟式野球選手権大会において4日間、延長50回に渡って試合を繰り広げ、4日間に渡るこの試合で、中京の投手は709球、崇徳の投手は689球を投げました。

重要なことなので、もう1度言います。

4日間で「中京の投手は709球、崇徳の投手は689球を投げました。
合計700球だとしても、1試合平均175球。

見ている方は熱くなる、投げている方も引き下がることはできない。
野球は大好きです、大好きだから健康面を管理する者としては複雑な心境ですよ。

中京の投手は決勝でも投げ、25日から7日間4試合で、75イニング2/3、推定約1000球を投げきりました(失点1/防御率0.12)。
プロ野球の投手の規定投球回数は試合数と同じ144イニングですが、松井投手はその半分以上を1週間で投げたことになります。

やはり健康面には懸念が生まれますよね。

休養規定・プロ選手からの休養提案・トレーニングについて

誰が見ても、投げすぎの状況はある程度改善すべきです。

日本高校野球連盟も、夏の甲子園では2013年の大会より準々決勝と準決勝の間に休養日設定。
軟式野球大会では2016年の大会より準々決勝と準決勝の間に休養日を定めました。

また、元巨人の桑田真澄投手、現役メジャーリーガーのダルビッシュ有投手も球数制限の導入を提案中。

今後高校生のみならず小中学生にも球数制限が浸透し、ケガに悩まずプロを目指し練習できる環境が整うことを私自身強く願います。

スポンサーリンク

解剖学的な「投球動作」における「野球肘」の原因

羊ケ丘病院さんのHPにとても良い記事が載っています。

投球フォームの画像を引用させてもらいます。

投球フォーム

投球フォームにおいて、一番負担のかかるフェーズはコッキング期(腕を後ろに引く)からアクセラレーション期(加速する)にかけて。
肘にかかる強い外反力に対し前腕回内屈筋群が強く収縮し、内側側副靭帯により強い引っ張りのストレスが肘内側にかかり発生します。

この画像部分が特に負荷増加するタイミングです。

投球フォーム2

投球動作においては肘関節が動くというよりは、肩関節の動きが主。
ですので、肩関節の動きが悪かったり上手く使えないと肘にかかる負担が大きくなってしまいます。

これは肘関節だけの動きの問題ではなく、肩関節の動きまで一緒に理解しないといけない問題と覚えておいてください。

肩関節のゼロポジションとローテーター・カフ

肩関節のゼロポジションとは、下の図のように肩甲骨の肩甲棘と上腕骨の長軸が一致した位置関係にあります。

ゼロポジション

出典:SMC

肩関節がこのゼロポジションにあるとき、肩関節自体は安定。
ローテーター・カフ(インナーマッスル・腱板)の張力が平等になり、つり合いのとれた状態になります。

ローテーター・カフとは?

肩関節の回旋筋腱板とも言われ、一般的に使われている言葉としては「インナーマッスルのこと」

ローテーター・カフ

出典:やぎはし整体院様より

ローテーター・カフの動作フローと4つの筋肉

ローテーター・カフの役割は以下のフローで成り立ちます。

  1. 肩甲骨関節窩に上腕骨頭部を引きつける
  2. 上腕の内側および外側への回旋を担当しつつ肩甲上腕関節の安定性を確保
  3. 肩関節の動的安定性・関節包内運動を円滑にスムーズに動かす

また筋肉については以下4つが対象です。

  1. 棘上筋
  2. 棘下筋
  3. 小円筋
  4. 肩甲下筋

これらを含めて総称として「ローテーター・カフ」と呼ばれます。
補足として、肩甲上腕関節は骨頭と関節窩の結合は緩く、靭帯や関節包は著しく運動を制限しない構造で、メリットとして広範囲な可動が可能。

ローテーター・カフの動作について

外転時の腱板の動き

外転時には棘上筋が上腕骨頭を下方へ転がし、他の筋腱板が下方へ滑らすように働く。

補助筋

上腕二頭筋もこの動きに協調する。
広背筋や大円筋も下方へ滑らせる動きに協調し、三角筋の拮抗筋として働く。
これらの動作や筋肉に障害が起こると、外転時の動作がスムーズに行われない。

内転時の腱板の動き

内転時の腱板の動きはメインではなく、補助として働く。
棘下筋の下部線維・小円筋がそれにあたる。

他大事なこと

重要!
実際のローテーターカフの動きはよく投球動作やバレーなどのアタック、などでも腕を後ろに振りかぶるような動作時は求心性の動作で働く。
しかし、その後のインパクトの後に生じる、ブレーキとしての役割も重要。
これは、遠心性の収縮が生じて、前に腕が伸びきらないように後ろから腕を引っ張って制御している状態で一番筋肉を傷めやすい場面でもあるからです。

投球動作における各フェーズでローテーターカフの活躍がみられますが、他にも投球動作において重要な役割を担っているものがあります。

それは肩関節の外旋動作です。

肘関節を屈曲した状態で手をお腹側に動かすのが内旋。
反対側に動かすのが外旋。

肩関節を外転した状態では手を下に動かすと内旋。
上に動かすと外旋。

内旋と外旋

出典:現代医学鍼灸治療

コッキング期を憶えていますか?
一番負荷のかかるタイミングで、大事なのでもう1度画像を載せます。

投球フォーム2

第二肢位での内外旋は投球動作におけるコッキング期に行われる肢位です。

この肢位で外旋を行う際、肘が肩より下がっている状態で行われると関節可動域は著しくかたくなります。

そのため腕がしなる時(最大外旋位)に肩の外旋がすぐに限界になり、肩の外旋を制御する場所に負担がかかり、
同時に肩が外旋できない部分を
肘の外反が補うため肘にも負担がかかる

結果、野球肩、野球肘の原因になってしまうのです。

そのほかにも、投球動作は上半身の問題だけではなく下半身との連動により安定した投球フォームが完成されます。
どんなスポーツでも言えることですが、下半身から始動し上半身に力を上手く伝えられなければ、良いパフォーマンスは出せません。

体を柔らかくしなさい!
よく聞く言葉ですね。

それは、股関節に運動制限(かたさ)があると、力を連動させることが難しくなる場合があるため。
つまり、二次的に肩や肘に無理な力を加える必要がでてしまうために、野球肘・野球肩になってしまう可能性もあるということです。

野球少年

野球肘・野球肩など「守備ポジション」での事例を紹介

野球をされている方であれば、必ずピッチャー・キャッチャー・ファースト・ショート・レフトなどの「守備ポジション」があると思います。

各ポジションで、過去に「野球肘」になったと判断できた事例を「症状・エコー画像付き」で今日は紹介したいと思います。
ポジションと野球肘の関連は確実ではありませんが、何かしらの参考や予防としてお使いください。

 

補足ですが、所沢には野球チームが各町内ごとにあり、さらには選抜チームまであります。
激戦区と表現するのが正しいかは別にして、野球人口はかなりのもの。
その為、野球肘になっている子供も必然的に多いように感じています。

症例1 別部位の痛みで来院したが、「野球肘」も気になったのでついでにチェック

年齢 12歳
ポジション ショート・ピッチャー
野球開始年齢 7歳
既往歴 なし
野球時の痛み(10段階中) 0
日常生活での痛み(10段階中) 0

野球肘の症例1

ご覧のように、赤矢印部分に「骨の不正像」が見えますね。
さらに肘外側のエコー画像から、軽度ですが「離断性骨軟骨炎」を起こしていると疑いました。

野球肘の症例2

痛みはないということですが、こういった場合は経過観察が必要です。
その旨お伝えしてご帰宅してもらいました。

症例2 別部位の痛みで来院したが、プレイ中痛みがあったので「野球肘」のチェック

年齢 11歳
ポジション キャッチャー・ピッチャー
野球開始年齢 9歳
既往歴 なし
野球時の痛み(10段階中) 3
日常生活での痛み(10段階中) 0

野球肘の症例3

エコーの画像を見てください。
赤矢印の部分が明らかに変化しています。
これは関節部に軟部組織が介在している状態の様子。

はじめは、音響上・反射などの問題?
そう思いましたが、角度を変えても画像確認(描出)できましたので確信に。

このように、軟部組織が介入する。
こういった事は、同じ部位での「肘内障」でも発生することがあります。

参考子供の肘内障について。肘・肩が抜けたと痛がった時の対処法

違った観点からの観察も必要ですね。

来院したときには、肘の痛みを訴えてはいなかったので、治療はせずに「経過観察」としました。
二年後の画像と見比べてください。

▼来院時▼
野球肘の症例3

▼2年後▼
野球肘の症例4

軟部組織の介在は完全に無くなっていましたので、本人ともども安心ですね。

症例3 来院時に肘を曲げる・捻る時に痛み(屈曲制限、外反ストレス、内側圧痛)があったケース

年齢 11歳
ポジション レフト・センター・他
野球開始年齢 7~10歳
既往歴 なし
野球時の痛み(10段階中) 8
日常生活での痛み(10段階中) 4

投球フォームを確認すると少し違和感のあるフォームだったので、「肘を曲げたり、捻じらせたり」して痛みの部位を確認しました。

野球肘の症例 投球フォーム

肘の内側にも圧迫されたような鈍痛があるということで「エコー観察」をすると、上画像の赤矢印部分に「軽度の骨の乱れ」が確認できました。

野球肘の症例 投球フォーム

さらに、角度を変えて確認。
描出してみると「骨の不正像」が見えます。

症例4 既往歴のある患者さん!野球肘のエコー画像

年齢 15歳
ポジション ライト・センター
野球開始年齢 10歳
既往歴 あり
野球時の痛み(10段階中) 7
日常生活での痛み(10段階中) 3

野球肘の症例痛み

エコー長軸観察にて患側(痛み側)の赤矢印を見てください。
この方は、過去に野球肘を起こしています。
エコー画像でも野球肘での骨性の画像を確認しました。

野球肘の症例

エコー短軸操作でも同様に骨性の画像を認めました。

症例5 キャッチャーの症例!肘を曲げる・伸ばす・捻るでの痛み(屈曲・伸展制限、内側圧痛)があったケース

年齢 12歳~15歳
ポジション キャッチャー
野球開始年齢 9歳
既往歴 あり
野球時の痛み(10段階中) 8
日常生活での痛み(10段階中) 6

屈曲・伸展制限、内側圧痛を認めました。

野球肘の症例

エコー長軸観察にて骨の不正画像を認めます。

野球肘の症例

上のエコー画像を見て頂き、赤矢印にご注目ください。
骨の部分がボコボコしたラインになっているのが分かると思います。

こういった骨の不連続性が見られると顕著に判断ができます。
なお3年後に当院へお越しいただいた際に、再度観察をした画像がこちら。

▼2年後の画像▼
野球肘の症例

明らかに改善しているのがわかりますでしょうか?
骨の部分は綺麗になっていますね。

また、動画でも施術前後の期間を含めて確認してみてください。
まだ、剥離像が見られますが、前回よりもずっと、骨のラインが綺麗になっているのがわかりましたか?

▼2014年4月受診時▼

▼2016年9月受診時▼

症例6 23歳キャッチャーの患者さん!骨の異変があったケース

年齢 23歳
ポジション キャッチャー
野球開始年齢 10歳
既往歴 あり
野球時の痛み(10段階中) 6
日常生活での痛み(10段階中) 5

体のチェックをしたところ、屈曲・伸展制限、内側圧痛、しびれを認めました。

野球肘の症例

エコー長軸観察の画像です。
ご注目ください。
白く見えるのは、「離断した骨片」で、関節部分にあるのがわかりますでしょうか?

野球肘の症例

エコー短軸観察にて、「離断した骨片」は尺骨神経に隣接。
そのため、肘を動かした際に日常生活に支障をきたす程の痛み(自発痛)や、しびれを訴えました。

後日、病院にて手術を受け、11mmの骨片が摘出されました。

骨の欠片

骨の欠片

尺骨神経と骨片が結構癒着していたようです。
幸い、手術後には尺骨神経への圧迫が除去された為、しびれが無くなり関節可動域も正常へ。
再び野球をすることが出来るようになったと、嬉しい報告を受けています。

野球場

 

最後に「野球肘」の症例・状況をたくさん見てきた感想やアドバイス

このように、軽度の野球肘から手術適応になる野球肘まで、幅広く症例は様々です。
ほとんどの場合は子供の肘が伸びない、曲げても肩まで触ることができないなど、可動域制限を訴えた場合には、症例3のような画像になっていることが多いです。

▼症例3の画像▼
野球肘の症例 投球フォーム

野球肘の症例 投球フォーム

早期発見であれば少し練習をやめる程度で済みます。
決して脅かすわけではありませんが、発見が遅れれば
半年前後ボールを使った練習をすることができなくなった!
といった状況に陥る可能性もあります。

野球・スポーツが大好きだからこそ思います。
ほんとうに、ほんとうに悲しいことです。
子供本人も親御さんも、チームにも。

当院では、なるべく早期に回復へと向かって頂きたいので、エコーを駆使しています。
つまり、早期発見に最も力を入れています。

野球肘の疑いのある子供は、痛みという観点もそうですが、今後の野球人生を楽しむために、違和感を覚えたらすぐに医療機関に受診しましょうね。
当院も可能な限り、全力でバックアップしますよ!

こちらの記事もぜひ参考にしてみてください。

子供が楽しそうにジャンプしている姿

野球肘・野球肩の痛み!その対策と心構え・トレーニングのすべてのまとめ

お疲れさまです。
随分長い文章になってしまいました。
1度に理解できなくても、何度か読み直して頂くと「長い間スポーツを楽しむコツ」が分かると思います。
これは野球だけに限った話ではありませんので。

では、まとめます。

  1. ウォームアップ・クールダウン(ストレッチ)を入念にする。
  2. 1日の球数制限を行う。
  3. 休養をしっかりとる。
  4. 負担のかかりづらい正しいフォームで投げる。
  5. 痛いときには無理しない、させない、はっきりと『痛い』と言う。
  6. 下半身の強化と機能向上

ケガをする可能性をゼロにすることはできませんが、リスクをできるだけ低くすることは可能です。
あなたが、楽しく野球の練習や試合ができるようになればと思います。

子供は痛くても野球がやりたい、親は子供の活躍を見たい、監督は勝つためにエースの子に多く投げさせる。
ある強豪校の先生のお話で、「入学してきた段階で半数近くは肘が壊れている」というのを聞いたことがあります。

お子様の身体を守るのにも保護者、指導者の知識向上を心掛ける必要があると思いますよ。
痛みや異変を感じたらすぐに医療機関に相談するようにしましょう。

この記事が少しでも野球肘で困っている人のお力になれたら幸いです。

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

所沢にあるしみず鍼灸整骨院

ホームページ・・・ https://shimizu-seikotsuin.com/

当院の特徴

交通事故、むち打ち、スポーツ外傷、骨折、脱臼、打撲、捻挫、肉離れ、五十肩、肩の痛み、膝の痛みなど様々な症状に超音波(エコー)にて観察を行い、痛みの原因を突き止め根本から治すことを心がけています。

また、交通事故(むち打ち)などでは当院は弁護士と提携を結び法律の側面からも患者さんをバックアップする試みを行っております。どんな些細な痛みでもお声掛けください。

住所・・・埼玉県所沢市寿町15-4

TEL・・・04-2968-6665

行き方・・・所沢駅→プロぺ通りを抜け→イオン脇の道を真っすぐ行った一つ目の信号の右手です

Facebook・・・https://www.facebook.com/shimizusinkyuseikotsuin?ref=hl

Line・・・夜間、休日など緊急時は友達申請を行いトークでご連絡ください。できる限り対応したいと思います。問題解決後こちらから連絡することはありませんのでご安心ください。

LINE-友達追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アドセンス

スポンサーリンク




アドセンス

スポンサーリンク




-いろは

Copyright© しみず鍼灸整骨院 , 2018 All Rights Reserved.